ホームへ戻るの下のイベント・セミナーの下の平成26年度 第4回ITセミナー

<平成26年度 第4回ITセミナー>
知っておきたい「Web制作イマドキ」の注目ポイント

終了しました。

※本セミナーで使用した、スライドデータと当日の写真などを、下記URLにて特別公開しています。主に受講された方向けに復習等のためにアップしておりますが、受講したかったけど出来なかったという方も是非ご覧下さい。
http://r360studio.com/seminar/narass20141007/

おなじみの年度初めの無料セミナー!です。

今年はテーマを一新し、「イマドキのWeb制作の注目ポイント」として開催します。

Web制作をしていて不安になるのが、「この作り方で正しいのか?」ということ。

この業界は変化が激しく、新しいデザイン表現や技術がめまぐるしく登場します。テクニックを安易に使ってしまってはいませんか?

この機会に、Webデザインのイマドキを知り、ご自身のサイトで活かしてください。

特に今回お伝えしたいのが、「コンテンツ表現の見直しについてです。

Webデザインではつい外観ばかりを注力してしまいますが、重要なのは主役であるコンテンツの読みやすさです。

制作のプロではなく現場のWeb担当者が作る場合もあり、コンテンツ(記事)デザインが、おざなりな表現になってしまうケースが多くみられます。

先日からWeb業界で話題になっている『三菱東京UFJ銀行 「重要なお知らせ」』これを見てあなたはどう感じますか?

これがどう良くて、どう悪いか?どう改善したら良いのか?は、訪問者の目線や立場に立ってみることが必要です。

この講座では、実際に運営されているサイトのデザインを例に挙げつつ、解説します。

これを機会に、「Webデザインの改善」を考えてみましょう。

開催概要

開催日時:平成26年10月7日(火) 14:00~16:00(受付開始13:30~)

開催場所:奈良県産業振興総合センター 1F  イベントホール

受講料:無料

対象・定員:奈良県内中小企業で下記に該当するみなさま 50名 (お申し込み順)

受講に必要な条件

以下の条件のいずれかを満たしている場合に限り受講が可能です。

カリキュラム

コンテンツ表現の見直し

最近注目されているのが、コンテンツ(記事)の表現についてです。訪問者が情報を見つけて、読み、正しく理解してくれるかは、その表現で決まります。下記の3点を柱に解説します。

制作技術の変化

スマートフォンやタブレットが普及し、いつでもどこでもネットにつながるようになってから、制作方法も大きく様変わりしました。下記の3つの事柄について、イマドキをお伝えします。

※セミナーの進捗状況により一部内容が変更になる場合があります。あらかじめご了承ください

講師

森 和恵 氏(r360studio)

フリーランスで活動するセミナー講師。数社にてWeb制作、インストラクション業務を経験後、現在はWeb系セミナーの講師として活動中(Dreamweaver CS5 アドビ認定インストラクター(ACI))。 著書に「よくわかるFireworksの教科書」など。

「むずかしいことでも、わかりやすく伝える」をモットーに、クリエーター時代の知識を講師の立場から、皆さまに役立てていただければ…と日々精進している。今後は、eラーニングや電子出版の形式で、Web制作を学ぶための教育コンテンツに注力する予定。

問い合わせ先

(公財)奈良県地域産業振興センター 総務企画課
TEL:0742-36-8310